ERD I

ERD Iコースは、オープンウォーター認定ダイバー、またはオープンウォーター認定パブリックセーフティダイバーが、OSHAとNFPAに準拠したパブリックセーフティダイビングチームの一員として、ダイバーとテンダー両方の役割を安全にこなすための基本スキルを習得するために設計されています。

どのような人のためのコースか

  • オープンウォーターダイバー資格を持ち、現在パブリックセーフティプロフェッショナルに従事している方
  • オープンウォーターダイバーの資格を持ち、ダイビングチーム組織の運営やサポートに携わりたい方

コースの前提条件

  • 18歳以上
  • SDIオープンウォータースクーバダイバー、もしくは同等ランク
  • FirstResponse エマージェンシーケア&酸素管理者、もしくは同等ランク

このコースで学べること

  • 器材の準備と選択、問題解決、テンダースキル、通報への対応、捜索パターン、現場評価、環境リスク、証拠処理
  • ラインシグナル、ダイバーコミュニケーション、複数の捜索パターンの実行、犠牲者の回復、緊急時の手順、汚染除去手順などの潜水技術
  • ERD IトレーニングからERD Ops Componentsコースに継続・移行する方法
  • ダイバーとテンダーがダイビングチームの作戦を計画・実行する際の参加能力を強化するための体系的なトレーニング

コースの認定条件

  • ダイバー評価
    • スクーバスキル、ラインシグナル、ダイバータッチコミュニケーション、サーチパターンをマスターしていること
    • マスク、シュノーケル、フィンで800m泳ぐ、水泳器材なしで500m泳ぐ、スクーバ装備で100m曳航すること。
  • テンダースイミングの評価
    • 器材なしで200メートル水泳、救命胴衣(PFD)を着用して100メートルバディ牽引、10分間のサバイバルフロート
    • ダイバーとの効果的なラインコミュニケーション、適切なテンダリングテクニックを行うこと。

コースを受講するには?

お近くのトレーニングファシリティを探す