TDI AIR DILUENT CCR DECOMPRESSION PROCEDURES DIVER

減圧エアディルエントCCRダイバー

あなたはオープンサーキットのテクニカルダイバーで、"サイレント "サイドにクロスオーバーしようとしていますか?それとも、CCRダイバーとして次のステップに進もうとしているのでしょうか?CCRの最新技術を使えば、酸素分圧を一定に保つことで、どんな深度でも最適な呼吸ガスを供給することができます。CCRは、背中にブレンディングステーションを背負うように、テクニカルダイバーにとって究極のツールなのです。

このコースでは、TDIインストラクターが、エアディルエントを使用して最大深度40m(130ft)まで減圧CCRダイブを行うために必要な全てのスキルを教えます。

どのような人のためのコースか

CCRテクノロジーを活用して深度制限やボトムタイムを延長したいオープンサーキットのテクニカルダイバー、またはエントリーレベルのCCRダイバーの方

コースの前提条件

  • 18歳以上
  • 50ダイブのログ(ユニットのクロスオーバーを完了する場合は、直近12か月のCCRダイブ10回のログ)
  • TDIアドバンストナイトロックスダイバーとTDI減圧手順ダイバー、もしくはTDIが同等ランクと見なす資格
  • TDIサイドマウントダイバー、もしくは同等ランク、かつサイドマウントによる10ダイブのログ(TDIが認定したサイドマウントリブリーザーを使用する場合)

このコースで学べること

  • リブリーザーの歴史と進化
  • オープンサーキット、CCR、SCRの比較と、それぞれのメリット/デメリット
  • システムの機械工学
  • ガス生理学
  • 電子制御および手動によるシステムの構造とメンテナンス
  • ダイブテーブル
  • ダイブコンピューター
  • ダイブプランニング
  • エマージェンシー手順

このコースでやるべきこと

  • 全ての海洋ダイビングは、最大深度が9m~30m(30~100ft)までの水深で行うこと。
  • 深度20m(66ft)よりも深い最大深度のダイビング2回と、深度30m(100ft)より も深い最大深度のダイビング1回を実施すること。
  • ユニット固有の製造元が必要とする追加のスキルを問題なく完了すること。
  • PO2はメーカー推奨値または1.3を超えないこと。
  • 全てのダイビングは、PO2 CNSの合計が、CNS上限に対して80%以内であること
  • 深度6m(20ft)での3分間以上の安全停止
  • 製造メーカーにより自動希釈バルブ(ADV)が装着されている場合には、定期的にディルエントガスの残圧を確認することやコントロール方法などの付加的な技術を重要視すること。
  • 45.30リットル(1.6cf)/分で深い深度からのベイルアウトガスを計算し、別のデコガスが運ばれる場合は30リットル(1.1cf)/分で計算すること。
  • 全てのダイビングは、コンスタントPO2減圧テーブル内で適切に完了すること。
  • 講習生は認定を受けたCCRユニットでのみ減圧ダイビングをすること。
  • 減圧を想定したオープンサーキットでのベイルアウトを、深場から行うこと。

コースを修了すると

以下の制限を守ることを条件に、直接の監督なしにCCRダイビングを行うことができます。

  • ダイビング内容が、トレーニング内容と同様である
  • 活動地域が、トレーニング環境と同様である
  • 環境条件が、トレーニング環境と同様である

以下のコースに参加することができます。

  • TDI ミックスガスCCRユニット特定コース
  • TDI アドバンスドレックコース

コースの認定条件

  • 学科テストに合格すること。
  • 安全かつ効率的に海洋実習を行うこと。
  • ダイビングの計画と実行に関して、慎重かつ正当な判断ができること。
  • コース開始日から6週間以内に修了すること。
  • コース修了後に6ヶ月以上非アクティブであった場合は、リフレッシュコースを受講すること。

コースを受講するには?

お近くのトレーニングファシリティを探す