ERDI CONTAMINATED WATER DIVER OPS

汚染水域 Ops

ERDI汚染水域Opsは、パブリックセーフティダイバートレーニングプログラムの中でも最も難易度の高いプログラムの1つです。

どのような人のためのコースか

  • 河川、小川、池、湖に入り、水底を荒らすPSダイバーの方
  • 車両、軽飛行機、または人間や動物の遺体がある可能性のある水域に入るPSダイバーの方
  • 一般的に知られている4つの汚染水の分類をあまり把握していないPSダイバーの方

このコースで学べること

  • 汚染された水に入る前の準備方法
  • 水から上がった後の行動
  • PPEの適切な洗浄、保管、メンテナンス

ダイバーは、PPEを着用したまま長時間過ごすだけでなく、PPEを洗浄することも覚悟しなければならず、あらゆる汚染水スキルやテクニック、ダイブ評価とパラメーターに熟練し、高いアウェアネスを持たなければなりません。ダイビングでは、危険の認識と対処、特殊器材の使用についてを学びます。そのため、汚染除去装置、フルフェイスマスク、水面供給空気供給システムなどの追加トレーニングが必要です。

このコースで得られるもの

  • 安全とアウェアネス
  • 環境リスク評価のためのツールを提供し、短期的および長期的な健康上の利益をもたらします。

コースの認定条件

  • 限定水域セッション1回
  • 2ダイブ(ボトムタイム最低30分)
  • ダイビング後の汚染除去トレーニング

コースを受講するには?

お近くのトレーニングファシリティを探す